敏感肌を学ぶ!季節による対策と予防

敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているので手荒れが一年中続くなんてことも。ハンドクリームでしっかり保湿し、水仕事ではお湯や洗浄力の強すぎる洗剤は控えるようにしてください。

手荒れの原因は敏感肌

敏感肌で手荒れに

敏感肌の人で手荒れにも悩まされているという人は少なくありません。
通常のあかぎれやひびわれなどの手荒れは寒い冬などによく見られますが、敏感肌の人は一年中手荒れが続くことも。
敏感肌の人はふつうの人よりも肌のバリア機能が低下してしまっているためです。

次のようなことを原因として、手荒れはさらに悪化します。

過剰な手洗い

まるで潔癖症のようにあまりに手を洗いすぎることは手にとって逆に良くありません。
毎回、洗浄力の強い液体ソープなどで手を洗っていると必要な皮脂までが流れ落ちてしまいます。
さらに洗った後、ハンドドライヤーで乾かすと手を乾燥させてしまうことになるので手荒れはさらにひどくなります。

ゴム手袋

炊事などをするときにゴム手袋をする人もいますが、古いゴム手袋は手荒れの原因になることも。
手荒れの範囲が手のひらだけでなく手の甲にまで及んでいたら、ゴム手袋の影響を疑ってください。

食器洗剤

界面活性剤や石油系原料などの入った洗浄力の強い食器洗剤は食器の汚れだけでなく、
手の保湿成分でもある油分まで落としてしまい、手のバリア機能を低下させてしまいます。

お湯

寒い冬にはどうしてもお湯を使って水仕事をしたくなりますよね。
でも、お湯は水では落ちることのない手の皮脂を奪い取ってしまいます。
どうしてもお湯を使いたいときは40度以下のぬるま湯を使ってください。

敏感肌の手荒れ対策

荒れている手にもっとも大切なことはしっかりと保湿すること。
水仕事の後などまだ手に湿り気が残っている状態のときにハンドクリームで保湿してください。
ハンドクリームに含まれる成分によっては手荒れを悪化させてしまうこともありますので、自分に合ったものを選びましょう。

また、敏感肌の人の手荒れの原因は外からの刺激だけでなく、内側にも原因のあることがあります。
ですから、食生活を気を付けて規則正しい生活を送ることも手荒れ対策になります。

手荒れの原因は敏感肌一覧