敏感肌を学ぶ!季節による対策と予防

敏感肌の人にとっては汗にも気を付けなくてはなりません。肌のpHバランスが崩されてかゆみやひりつきを起こしてしまいます。でも、夏場にエアコンにばかり頼るのは逆効果になります。

汗による敏感肌予防

敏感肌にとっては汗も大敵

ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こす原因になってしまう刺激肌。
汗にも充分に気を付けなければなりません。
汗には塩分などのミネラルや多くのタンパク質が含まれていて、これらの成分が肌表面のpHバランスを崩してしまうからです。

肌表面のPHバランスを崩してしまう

pHバランスというのは体や皮膚を健康な状態に保つための血液や体液の酸性・アルカリ性のバランスのこと。
このpH値が4.5~6.5の弱酸性に保たれていると肌から有害菌を排除することができるのですが、汗によってこれがアルカリ性に傾いてしまうと、肌は有害菌の住みやすい環境になってしまいます。
敏感肌の人はそれによってかゆみやひりつきを起こしてしまいます。

アルカリ性と酸性の肌

けれども、すべての汗が敏感肌にとって大敵というわけではありません。
汗にはアルカリ性のものと酸性のものがあり、肌のpHバランスを崩してしまうのはアルカリ性のほうだけなんです。

酸性の汗

ふだんからこまめに運動などをして汗をかきなれている人が流すのは酸性の汗。
これには肌を殺菌してくれる効果があります。

アルカリ性の汗

ふだんの生活であまり汗をかいていない人がたまに大量に汗をかくとアルカリ性の汗になります。
このタイプの汗は肌のpHバランスを崩してしまう上、肌の皮脂まで流してしまいバリア機能も弱くしてしまいます。

自分の汗が酸性かアルカリ性かを知るのはリトマス試験紙を使うと便利。
リトマス試験紙に汗を一滴付けて、
・色が青くなれば、アルカリ性で悪い汗
・色が変わらなければ、酸性で良い汗
です。

汗のケア

あなたの汗が酸性である場合は特に気にする必要はないのですが、アルカリ性である場合は、汗をかいたらなるべくこまめにシャワーで洗い流すようにしてください。
外出先にいるときはハンカチなどでこまめに拭き取って。
ボディパウダーを使用して肌をサラッとした状態に保つのもいいでしょう。

汗による敏感肌予防一覧