敏感肌を学ぶ!季節による対策と予防

花粉の時期は敏感肌にもなりやすくなります。うちに帰ったら花粉を丁寧に落として、肌にあまり刺激を刺激を与えないようにスキンケアを行いましょう。

花粉と敏感肌

敏感肌の人の花粉対策

花粉の時期は体のアレルギー反応が活発になり、花粉症だけでなく敏感肌にもなりやすくなります。
このようなときはなるべく肌に刺激を与えないようにすることが大切。
新しい化粧品を使ったりすると、肌がヒリヒリしたり赤くなったりすることもあります。

花粉の時期は外を出歩いただけで花粉が体中にまとわりついてしまうものですが、これはうちの中まで持ち込まないように。
玄関の前で洋服をバタバタと払って花粉をきれいに落としましょう。

敏感肌を防ぐためにこの時期には次のようなケアを行ってください。

クレンジング・洗顔の前に

肌に花粉が付いたままクレンジングや洗顔を行うと、それを顔全体に混ぜてしまうことになります。
そのうえ、花粉が研磨剤のようになって顔を傷つけてしまうことにも。
まずは水をやさしくかけ流すようにして花粉を洗い流してください。
スプレー式の化粧水を顔全体に吹きかけてからティッシュで軽く押さえることでも花粉を落とすことはできます。

シャンプー

花粉が髪に付いてしまうとなかなか落ちず肌にも刺激を与えてしまうことに。
ですから、花粉の時期は毎日できるだけこまめにシャンプーをすることが大切です。
外から帰ってきたらまず、髪に付いている花粉を丁寧にすすぎ流してからシャンプーを行ってください。
シャンプーは地肌に優しい低刺激のものがオススメです。

スキンケア

花粉の時期には肌を乾燥させないようにすることも大切。
乾燥すると角質層の細胞と細胞の間に隙間ができて花粉に影響を受けやすくなってしまいます。
化粧水と乳液で肌のうるおいを保ちましょう。
刺激もあまり与えないようにしたほうがいいので化粧品は低刺激のものを。
スクラブや顔そりなど肌への刺激の強いものはなるべく控えたほうがベターです。
また、肌のバリア機能を高めるために、睡眠はしっかりととって栄養のバランスのとれた食事をしましょう。

花粉と敏感肌一覧