敏感肌を学ぶ!他の肌トラブルとの関係

にきびは毛穴に皮脂が詰まってできるものですが、敏感肌の場合は皮脂をあまりとりすぎないように。しっかりと保湿をすることで見違えるほどに改善します。

乾燥肌のにきびケア

敏感肌のにきびケア

にきびは皮脂が毛穴に詰まることによってできるもの。
けれど、敏感肌の場合は皮脂をあまりとり過ぎてしまわないようにしてください。もともと皮脂が少なくなっている状態なので、敏感肌をさらに悪化させることになってしまいます。

洗顔

洗顔剤は弱酸性の低刺激のものを。
スクラブ洗顔剤や消炎剤などの刺激物質を含んだものはなるべく避けてください。
洗うときはゴシゴシと強く擦ったりしないように。洗顔剤を手でよーく泡立てて、その泡を顔に乗せておくだけで充分に洗浄できます。すすぎはぬるま湯で行いましょう。小鼻のまわりや髪の生え際などは洗顔剤が残りやすいので注意してください。

保湿

敏感肌によるにきびにはなによりも保湿が大切です。
しっかりと保湿をしてやることで、見違えるほどに改善することができます。
洗顔後や入浴後すぐに保湿成分配合の化粧水で保湿してやりましょう。化粧水はなるべくアルコールフリーのものを。アルコール入りのものだと、肌の水分が逆に奪われてしまうことがあります。

洗顔と保湿に気をつけてもにきびが一向に改善されないという場合は薬を使うという手もあります。しかし、にきび薬には大きく2タイプがあり、待ちがったほうを選ぶと敏感肌とにきびを悪化させてしまうことになります。

・肌を乾燥させてにきびを治すタイプ

商品説明に「毛穴を開いて皮脂を吸収する」などと書かれていたらこのタイプです。効果が現れるのは早いのですが、このタイプは脂性肌のためのもの。敏感肌の人はこのタイプのものを使わないようにしてください。

・肌を保湿をしてにきびを治すタイプ

商品説明に「腫れ、赤み、炎症を鎮める」などと書かれているのがこのタイプです。敏感肌の人はこのタイプのにきび薬を選びましょう。
効果が出るまでに時間がかかったり、効果に個人差が大きかったりという欠点もあるのですが、効果が出ればにきびの跡も残らずきれいに治ります。外出前やメイク前にさっと使用できるので便利です。

乾燥肌のにきびケア一覧