敏感肌を学ぶ!敏感肌のQ&A

正しいスキンケアを行うことが大切。クレンジング剤や洗顔剤は肌にやさしい低刺激のものを選んで、敏感肌を悪化させてしまうことのないようにしてください。

敏感肌の正しいスキンケア方法は?

敏感肌の正しいスキンケア

敏感肌には敏感肌の正しいスキンケアを行うことが大切。
この日頃のケアを見直すだけで敏感肌を改善することができるかもしれません。

敏感肌のクレンジング

クレンジング剤はメイクという油汚れを落とすためのものですから洗浄力はとても強くなっています。
そのため、このクレンジング剤の使用によって肌に必要な皮脂まで落としてしまい敏感肌になってしまうというケースもあるんです。
ですから、敏感肌の人は刺激のクレンジングを選ぶことが大切。
クレンジング剤にはオイル、クリーム、ジェル、拭き取りタイプなどがありますが、オススメなのは洗い流せるクリームタイプ。
油分、水分、界面活性剤の量が適度なので肌への刺激が少なくなっています。

どんなに肌にやさしいクレンジング剤を使ってもクレンジングは短時間でサッと終わらせるべき。
クレンジング剤を手に取って体温で温めてから、強く擦らないようにしてやさしくメイクとなじませていきます。最後はぬるま湯で丁寧にすすいでください。

敏感肌の洗顔

クレンジング剤だけでなく洗顔剤選びも敏感肌の人にとっては重要です。オススメは固形石鹸です。
泡立ちがいいのに界面活性剤が含まれていないので肌への刺激が少なくてすみます。

石鹸は手のひらなどでよく泡立ててから顔に乗せてやさしくマッサージするようにして洗います。
泡が汚れとなじめば汚れは自然と浮き上がってきますので、強く擦る必要はありません。

また、1日に何度も洗顔をするのは避けてください。
肌に必要な皮脂まで落として敏感肌を悪化させてしまうことがあります。
洗顔は朝晩の1日2回だけで充分です。

敏感肌の保湿

保湿剤は敏感肌の人にはセラミドという成分が配合されているものがオススメ。
肌の保湿能力を高めてくれる効果があります。

保湿剤を使うタイミングはお風呂あがりがベストです。
入浴後は放っておくと肌から水分が蒸発していってしまいますので、できるだけすぐに保湿してください。

化粧水はコットンよりも手でつけるようにしてください。
高級なコットンでも繊維質であることに変わりはないので肌の角質層を傷つけてしまうことがあるからです。

敏感肌の正しいスキンケア方法は?一覧