敏感肌を学ぶ!敏感肌のQ&A

敏感肌の人向けの無添加化粧品の「無添加」についてははっきりとした定義があるわけではありません。けれども、刺激が少ないということには間違いないので敏感肌の人にはオススメです。

無添加は敏感肌にいいの?

無添加化粧品とは

ちょっとした刺激でもトラブルの元になってしまう敏感肌の人にとっては化粧品もなるべく刺激の少ないものを使いたいもの。
というわけで、敏感肌の人向けの無添加化粧品もここ最近でかなり数多く登場してきています。でも、ここでいう「無添加」とはいったいなんなのでしょうか?文字通りに受け取れば、なにも添加していないということになるのですが…。

政府の指定した成分、香料を含んでいないこと

2001年3月までは「無添加化粧品」とは厚生省の指定した102種類の成分と香料を含んでいないもののことでした。

この102種類の成分は厚生省が「人体に害のあるアレルギーを起こす可能性のある物質」と定めたもので、「旧表示指定成分」というふうに呼ばれています。
けれども、あくまでもアレルギーを起こす「可能性のある」物質ということで、もしこの旧表示指定成分が化粧品に含まれているからといってもイコール危険というわけではありません。

それらは、人体に害のあるアレルギーを起こす可能性のある物質のこと

2001年4月1日から化粧品の「全成分表示」が義務付けられるようになりました。この「全成分表示」とは含まれているすべての原料を表示すること。含有量の多い順に上から並べていきます。

そしてこの義務付けにより、「無添加化粧品」についてのはっきりとした定義もなくなりました。今でも昔の名残で旧表示指定成分を含んでいない化粧品のことを「無添加化粧品」と呼ぶことは多いようですが…。

無添加化粧品は敏感肌にいい?

絶対安心というわけではない

このようなわけで、無添加化粧品だからといって100%絶対に安心できるというわけではないんです。旧表示指定成分が含まれていないとしても、防腐剤や色素などが使われていることはありますし。とはいえ、敏感肌の人にとっては化粧品はなるべく無添加のものがいいということは間違いありません。

合わないと感じたらすぐにやめることが大事

それに化粧品が肌に合うかどうかは相性の部分もありますので、一度使ってみないことにはわかりません。そして合わないなと感じたらすぐに使用を止めればいいのです。

合わないと感じているにも関わらず、もったいないからと使い続けるのは絶対に止めましょう。敏感肌を悪化させてしまうことになります。

無添加は敏感肌にいいの?一覧