敏感肌を学ぶ!敏感肌の基礎知識

混合肌はTゾーンはテカッているのに目元や口のまわりはカサカサというような状態の肌のこと。部分ごとの肌質を知り、それに合ったスキンケアをしましょう。

混合肌とは

混合肌とはどんな状態のこと?

顔の部分によって肌質が違うこと

混合肌というのは、顔の部分によって肌質が違っている状態の肌のこと。
Tゾーン(額・鼻・顎)はベタついているのに目元や口のまわりはカサついているというような状態です。

その肌質の組み合わせによって次のようないくつかのタイプに分けることができます。

  • 乾燥肌 + 普通肌
  • 普通肌 + 脂性肌
  • 乾燥肌 + 脂性肌

もっとも多いのはTゾーンだけが脂性でテカッてしまうというケースです。

  • Tゾーンが脂性の場合:ホルモンバランスや生殖機能の低下
  • Tゾーン以外が脂性の場合:内臓機能の低下

肌がこのような状態になってしまう原因として考えられているのはホルモンバランスの低下や生殖機能の低下。
Tゾーン以外がベタついてしまうというケースでは、内臓の働きが落ちていることが考えられます。

混合肌のケア

自分の部分ごとの肌質を知ることが大事

自分が混合肌であることに気付かず脂性肌や乾燥肌だと思い込んでしまうと、偏ったスキンケアをすることになってしまうかもしれません。

自分の肌の部分ごとの肌質を知り、それぞれに合ったスキンケアをするようにしましょう。

洗顔:脂性の肌は念入りに、乾燥肌の場合はサッと済ませる程度に

まずは洗顔の方法ですが、脂性の部分は少し念入りに(でも優しく撫でるように)、そして乾燥している部分はサッと軽く済ませるようにするのがポイントです。

乾燥肌を強く擦ったりすると肌荒れがひどくなってしまいますから。

乾燥が強い場合は、洗顔フォーム自体の使用を控えては

特に乾燥の度合いが強い部分には洗顔フォームも使わないほうがいいでしょう。

化粧水の使用の場合は肌全体にが基本

化粧水は部分ごとの肌質に関わらず、顔の全体に塗ってください。
たっぷり使用して肌全体に念入りに馴染ませます。

肌に水分を補給させた後は、乾燥している部分に美容液を塗っていきます。
乾燥が特に強い部分には老化対策成分を含んだクリームで油分も与えてやってください。
脂性でテカッている部分には化粧水だけで充分です。

脂性の人はジェルタイプのファンデがオススメ!

ファンデーションは固形タイプよりもジェルタイプのものがオススメです。
ジェルタイプのほうが脂性の部分が脂浮きしてそこだけメイクが崩れるということを防ぐことができます。

混合肌とは一覧