敏感肌を学ぶ!敏感肌の基礎知識

多くの女性が悩まされている敏感肌。皮膚のセラミンが不足して角層がめくれてしまった状態のことを指します。アトピーの人は特になりやすいようです。

敏感肌とは

敏感肌とはどんな状態のこと?

約7割もの女性が悩まされているという敏感肌。
でも、敏感肌とはどういう状態の肌のことをいうのかご存知ですか?

角質層の崩壊により外に水分が蒸発すること

肌の表面は薄さ0.02mmの角質層というもので覆われています。
これによって肌は、外部の刺激から守られ、水分の過剰な蒸発も防ぐことができています。
しかし、皮膚の細胞に含まれるセラミドという重要な成分が不足すると、この角質層はめくれてしまい、それによって刺激が入りやすくなり、水分も蒸発しやすくなってしまいます。

この肌の角質層を崩すのがセラミドという成分

そして肌のトラブルを起こしやすくなってなってしまうのです。
このような状態の肌のことを「敏感肌」と言います。

敏感肌になると、角層がダメージを受けたときに新しいものを作り出すのにも時間がかかり、丈夫なものを作ることもできなくなってしまいます。

敏感肌になってしまう要因は?

敏感肌にはなんの要因もなくなってしまうということはありません。

外的な要因としては次のようなものがあります。
  • 紫外線
  • 肌に合わない化粧品や洗顔料などの使用
  • 衣類に残った洗剤などの刺激
  • 洗顔のし過ぎ

外からの刺激だけでなく、内側からの刺激でも敏感肌になります。

内的な要因は次のようなものがあります。
  • ホルモンバランスの異常
  • ストレス
  • 内臓の異常
  • 食生活の乱れ
  • 加齢による乾燥肌

この他にもさまざまな内的な要因が考えられていますが、外的な要因よりもこのような内的の要因のほうが多いようです。
正しく肌のケアをしているはずなのに敏感肌になってしまう…という人は内的な要因を疑ってみたほうがいいかもしれません。

アレルギーなどの遺伝的体質の人は特に敏感肌になりやすいようです。

セラミンが不足しやすいので角層が丈夫に作られにくく、その上、刺激物質が少し角質層の内部に侵入しただけで、免疫機能が過剰に反応して皮膚が炎症を起こしてしまうからです。

敏感肌とは一覧