敏感肌を学ぶ!敏感肌の基礎知識

脂性肌の別名はオイリー肌。皮脂が通常よりも多く分泌されている肌のことです。皮脂を取り過ぎると皮脂は失われた分以上にさらに分泌されてしまうので、洗顔もほどほどに。

脂性肌とは

脂性肌とはどんな状態のこと?

常に肌がオイリーな状態の肌

脂性肌とはオイリー肌とも呼ばれ、簡単に言うと、皮脂が通常より多く分泌されている状態の肌のこと。

皮脂が通常よりも多く分泌されている状態

そのせいで肌にテカリやべたつきが出てしまいます。
このような状態の肌は顔だけだけでなく、頭皮、背中、胸にも見られます。

顔だけでなく、頭皮、背中、胸なども

皮脂そのものは肌に潤いを与えて感染症などから守ってくれるとても大切なもの。

皮脂の役割は感染症から体を守ること

でも、必要以上に分泌されると肌が脂っぽくなってテカリが出るだけでなく、ほこりが付きやすくなり肌トラブルの原因になってしまうこともあります。

皮脂の原因は男性ホルモン

皮脂は思春期の頃から分泌される男性ホルモンによって作られます。

ピークは20代から30代前半くらい

そのピークとなるのは20歳くらいから30代前半頃まで。
けれども、これは個人差が大きく、50歳を過ぎてもずっと脂性肌のままなんて人もいます。

基本的には男性に多い脂性肌ですが、これも個人差があり、男性でもあまり皮脂の出ない人もいれば、女性で脂性肌に悩まされている人も数多くいます。

脂性肌の原因

脂性肌の原因には次のようなものがあります。

誤ったスキンケア

スクラブ入りの洗剤などは洗浄効果は大変優れているのですが、脂性肌の人には逆効果。
失われた皮脂を補おうとして過剰に皮脂を生成するという結果になってしまうことがあります。
脂性肌になりやすい人はできるだけ刺激の少ない洗剤を選んでください。

肌への刺激

肌をひっかいたり、垢すりなどをし過ぎなども脂性肌の原因になるます。

ホルモンバランス

ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが崩れ、
そしてそれによって皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

食生活

アルコールや多量の糖分を含んだジャンクフード、それにコレステロールをたっぷり含んだ食べもの…。
ふだんからそういったものばかりを食べていると脂性肌になりやすくなります。

血行障害

血行が悪くなると必要な量の皮脂が分泌されなくなったり、逆に過剰に分泌したりしてしまいます。
主に喫煙などが血行障害の原因になります。

以上のような原因があるのですが、あまり気にし過ぎるとそれがストレスとなってホルモンバランスを崩し、皮脂をさらに分泌させてしまうなんてことにも。

あまり気にし過ぎないようにしながら脂性肌への対処をしていきましょう。

脂性肌とは一覧